2019年02月13日

脱「都合のいい女」へ、まずは行動

私は都合のいい女なのだろうか。結婚したいと思った相手に捨てられたことは1回2回ではない。私を捨てたくせに、まだ連絡してくる男たちの頭の中身がよく分からない。私とよりを戻したいのか。声を掛けられたノコノコと会いに行く私もどうかしている。それは分かっているのだが、寂しい思いを解消させたいときだってある。そういう行為が都合のいい女になっているのも分かっているのだ。

きちんとした彼氏をつくって結婚しよう。思い立ったら行動だ。結婚相談所でも婚活パーティでも、出会い系サイトでも、近所の世話焼きおばちゃんでも、利用できるものは何でも利用してやる。婚活パーティーにはいずれ行くとして、今すぐ行動に移したかった私は、スマホを手に取り出会い系サイトのアプリを利用することにした。

ユーブライドメールとかいう、ユーブライドの評判と口コミの良さそうなアプリだ。口コミも良いことがいっぱい書いてある。「このアプリで彼氏ができました。感謝しています」「人生最高のパートナーに出会えました」「アプリの出会いなんて怖いと思っていましたが、紳士的な男性とお知り合いになれました」「来月結婚します」「アプリのおかげで背が伸びました」「髪の毛が生えてきました」と、幸せそうな口コミがいっぱい。これは私も始めるしかない。よーし、背も伸ばしちゃうぞ~!

面倒くさい登録作業におよそ30分。履歴書書きより疲れたが仕方ない。これも素敵な白馬の王子様と出会うためだ。早速、男性を検索するぞと、ハイエナのごとく意気揚々としていると「メッセージが届いています」と通知が入った。早い!と驚きながら詳細を確認すると、30代半ばの男性からだ。顔も悪くない。というか、好みの顔だ。これはメッセージを読むしかない。「いきなり運命の相手だったらどうしよう」。ドキドキしながらメッセージを読むと驚きの一言がそこにあった。

「LINE教えて」。この一言だけポツンと。30代半ばにもなって、挨拶一つしないで「LINE教えて」。あんた職業に会社員と書いているけど、常識もないのか。もう怒りを通り越してあきれてしまう。言葉を失っている中、次々と色んな男性からメッセージが届く。「いつ会えるの?」「LINEが無理ならカカオとか!」「ポケベルの番号教えて」と、次々届く、わけの分からないメールの山。とても読んでいられない。ポケベルのサービスなんて終わってるっての。

要するに、本気で婚活しようとするなら、評判と口コミなんてアテにならないということ。口コミが良かった婚活パーティーに、既に申し込んでしまったことはもう忘れた。
posted by ぶどう at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください